妊娠とは、卵子と精子がいくつかのハードルを越えて結ばれるきわめて複雑なプロセスです。妊娠が成立するには、さまざまなホルモンが必要なときに必要なだけ分泌されて的確に作用し、絶妙なタイミングで働かなければいけません。ママとパパの二人の息もぴったり合わなければ、そう簡単に妊娠するものではありません。妊娠の仕組みを科学的に分析すればするほど、わたしたちがこの世に生を受けたことがいかに奇跡的ですばらしいことなのかと驚かされます。

赤ちゃんを授かったかなと思ったら、まずは市販の検査薬で確認してみましょう。陽性反応が出たら、今度は病院選びです。病院までの距離やスタッフの対応、費用なども確認しておきます。病院が決まったら、母親学級や母乳教室、両親学級などに積極的に参加し、情報を得るだけでなく、ママ・パパ仲間と交流を深めましょう。

妊娠中は、ママの体が内側も外側も大きく変化します。初期、中期、後期の変化と、それにともなう症状についてあらかじめ知っておくと、いざというときにあわてずに対処できます。妊娠は病気ではありませんので、健康的で規則正しい日常生活を送ることが何よりも大切です。

そのためには、パパや周囲の協力を得て、ストレスをためずに、体重を増やしすぎずに、適度な運動を続け、健康的で栄養価の高い食生活を心がけ、セックスで夫婦のきずなを確かめあい、入浴時や自転車での転倒に気をつけ、車の運転は必要最小限にとどめましょう。

歯周病やアルコール、リンゴ病など、妊娠中に発症すると、おなかの赤ちゃんに影響がおよぶ疾病もありますので予防策を講じましょう。その他、産後の職場復帰にそなえて、産休や育休の準備を整えたり、戌の日に安産祈願をしたり、カップルによっては挙式をしたりと、妊娠中は意外にのんびりしている暇はありません。

約280日におよぶ妊娠期間は、一生に数回しか経験できない貴重な時間だと考えて、充実した妊娠ライフを楽しみましょう。